読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UptoU

アラサーOLの、もがく日記。

月報的日記

こんばんわ。

6月でございます。なんとまぁ、時の流れの早いことか。
 
田舎者アラサー上京物語が開幕して早1ヶ月。
あんなことやこんなことが盛大にテンヤワンヤ起こってもう大変…!!な筈もなく、普通に平日仕事して週末楽しく穏やかに過ごしてます。
想像の斜め上行って普通に過ごしています。
 
まぁ、普通といえども、毎日の生活の変化はそれなりに大きいです。
やはり仕事の楽しさは格段に上がりました。飛び交う全てのものが、比べ物になりません。最も嬉しいのは柔軟性でしょうか。
精力的に「より良い何か」を求めていて、それでいて膨大な仕事量に忙殺されているので理想と現実の間に必ず隙間が生まれています。その隙間にハマるアイデアを生み出して提案し、上手いこと実行に漕ぎ着ける面白さ。それらが自分のアプローチ次第でものすごい速度で形を成し動き出して行く楽しさ。今までの社会人生活で手に入れたガラクタじみた欠片達が、ここぞとばかりに息を吹き返し、各々の輝きをもって兵隊さながらに動き出しているような感覚です。
 
そして、とにかく人に恵まれています。公私ともに、わたしに調度良く、わたしが私でいることに苦痛を感じなくて良い、学ぶべき魅力を携えた優しい人々が周囲に溢れています。「慈悲深くありたい」と日々思えるほど、他人の優しさに触れています。わたしが優しくあることを忘れない限り、この優しさを驕りに変えてしまわない限り、わたしは私でいられる環境を失わずにいられると思っています。
分母が大きいこの街で、わたしは「普通」という狂気じみた概念に繋縛された日々から開放されました。未来のことは分かりませんが、今この瞬間、自分がいるべき場所に身を置いています。
 
本当に、動いて良かったです。自分を信じて良かった。
 
もちろん良いことばかりではなく、1ヶ月というサイクルを回ってみていくつか課題が見えてきています。生活のこと、仕事のこと、学校のこと。
その全てが自分の未熟さと甘えが原因だということが、なんとも歯痒いのです。
日常的に勝負を挑むと、グダグダ言ってる場合じゃないやーんってコトで無意識のうちに大切なものを選定する作業に取り掛かります。時間は有限であって、無限の欲望の中から選抜された珠玉のタスクを達成するために更に自分自身の人間性が洗い出されていきます。プラスマイナス問わず、自分という存在がクッキリと浮かび上がってくるのです。そこでわたしは、プカプカと水面に浮かぶ甘えん坊将軍な自分を見つける視力を持っているのに、見て見ぬふりしてしまう未熟さも持ち合わせていて、結果悶々として何もしないっていう1番最悪なゴールに辿り着くのです。
今、それをするのは非常にまずい。わたしの生活には「今やらなければ一生後悔すること」以外無いのです。それ以外を全て手放して、ここにいるのに。時間と体力と自己統制力が足りないわたしに、悶々星人が忍び寄ってきています。追い払わねば。新たに回り始めた1ヶ月というサイクルを有意義に使っていきたいです。
 
無いことを嘆くのでなく、有るものを余すこと無く使う。
うん、これが今の自分のテーマですね。
 
なんとなく、今の私の手中には全てのアイテムが揃ってるように感じます。これをどう使うか、勝負所なんだろうな。必要なものって、結局ほんの少しなんですよね。どんな収集しても、実際自分が動かなきゃ、何も進まん。
 
明日から新たな一週間が始まりますね。
そういえば、ちょっと奮発してお洒落長靴を買ったので、梅雨ウェルカムな気分です。色々買ったり食べたりアレしたりコレしたりしてるので、そういう日記書きたいです。
ひとまず、近況日記更新!みなさま、良き日曜の夜を!